What何をやっているか

「教育×IT×エンターテイメント」で、子ども達の未来を変える!

私たちは、2011年にスタートした約15,000人の中学生・高校生が参加する国内最大級のIT教育プログラム「Life is Tech !(ライフイズテック)」を運営しています。 iPhoneアプリ、WEB、ゲーム開発などのプログラミングと、デザイン、メディアアート、ミュージック、アニメーションなどのデジタルアートという最新のIT技術を学ぶことによって、中学生・高校生の「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指すプログラムを提供しています。 「エンターテイメント」の要素を盛り込んだ独自のプログラムにより、ただ技術を学ぶ場ではなく、ITの可能性に気づく場、きっかけを探す場、仲間とつながる場となり、 子供達の未来をダイレクトに変えています。

Whyなぜやっているか

日本国内だけで20万人の中高生が
ITでものづくりをする世界をつくる!

「文化祭でゲームを発表したいんだけど…」 高校教師をやっていた代表の水野に、当時受け持っていた生徒が相談してきました。 当時の水野には、教える方法も環境も生徒に伝えることができなかったのです。現在学校のクラスの中には、野球やサッカーをする生徒と同じくらいの割合で、PCやITが好きな生徒がいます。 野球には、リトルリーグ⇒甲子園⇒プロ野球と、学ぶ場所やチャンスを掴む場所、そして、活躍する場所が明確にある。 ITが好きな彼らにも、学ぶ場所や活躍する場所をつくってあげたい! Life is Tech ! のはじまりは、そこにあります。 20万人という目標値は、 甲子園を目指している高校球児の数約17万人から来ています。20万人の中高生が切瑳琢磨しながら、テクノロジーを使って良いプロダクトをつくる社会になったのなら、そこから甲子園の田中マー君が生まれ、その中で、 世界トップレベルのイチローが輩出されると考えています。そして、ITは、これからの時代、英語力と同様に大事な道具です。 子供たちには絶対に必要な能力です。子供たちがITを学ぶ場、チャンスを掴む場、活躍する場を必ず私たちがつくります!

Howどうやっているか

「入口」「中身」「出口」のすべてを用意する!

学びのきっかけをつくる「入口」として、春・夏・冬の長期休暇に全国の大学のキャンパスで開催する合宿型の「CAMP」。プログラミングをしっかり学ぶ「中身」として、東京・大阪・名古屋・福岡などで毎週学ぶ通学型の「SCHOOL」。学んだ彼らが活躍する、進学、就職、起業などの「出口」のサポートも行っています。 入口、中身、出口の教育の仕組みを用意する事で、彼らの人生は大きく変わります。 そんな彼らが成長するための環境をつくってあげる事が私たちの使命です。 そんな中高生に直接技術を教えるのは大学生。 技術力、コミュニケーション能力を兼ね備えた大学生スタッフが500名近く 所属していることも私たちの強みです。

ライフイズテック モデル

New Service新たなサービス

元スクウェア・エニックスCTO橋本善久氏をCTOに迎え、
「オンラインプログラミング学習サービス」の開発を始動!

キャンプ/スクールを通じたリアルな場でのIT教育について、私たちは確固たるノウハウと実績を構築して来ました。引き続きリアル教育のサービス発展に力を注ぐと同時に、今後はより広い地域の中学生・高校生の皆さんに、リアル教育と同等の質の高いIT教育を受けられる機会をご提供したいと考え、ゲームを切り口としたエンターテイメント性の高い「オンライン型プログラミング学習サービス」の拡充にも取り組みます。 その開発トップとして、スクウェア・エニックス元CTO(最高技術責任者)を務めた橋本善久氏を迎え、ゲーム×教育の革新的なサービスの開発を目指します。

Historyこれまでの歩み

2010年7月6日、水野、小森、松井の3人が「教育を変える!」と創業し、
一年後の2011年夏に最初のサマーキャンプを行いました。
集まった中高生は、ひと夏で40名。
今思えばとても少ない人数ですが、当時の私たちには誇らしい参加人数でした。
「中高生の可能性を拡げるにはどうすればよいか?」 その事だけひたすら考え、
目の前にいる中高生に最高の教育を届けようと試行錯誤し、 少しずつ「Life is Tech !」の名前が広まりました。
今年の夏で5年目。ひと夏で3000名の中高生が参加するほどになりました。

Google Rise Awards 2014
Google RISE Awards 2014 受賞

各方面から評価を受け、2014年にはGoogleによる世界のICT教育組織に与えられる名誉ある賞を東アジア地域で初受賞。
2015年より、海外展開にも力を入れ始め、シンガポール国立大学(NUS)にてキャンプを開催し、 現地の大学生スタッフ30名、現地の中高生200名以上が参加してくれました。
次は、オーストラリアのメルボルン大学での開催も決定し、着々と進んでいます。


シンガポールキャンプ2015

さらに、オンラインサービスの開発、海外展開、事業の加速のために、 2014年7月31日に、リクルート、KCJ GROUP(キッザニア)、DeNA、ジャフコ、East Ventures、Mistletoeより、 総額3.1億円の資金調達を行いました。
また、キャンプとは別に、子ども達にプログラミングやクリエティブな能力を身につける機会を増やすべく、 様々な企業とコラボレーションして、企画を行っています。

以下はそのほんの一例です。
・サイバーエージェントと小学生向けプログラミング教育事業を行うジョイントベンチャーを設立「CA Tech Kids」
・Googleと流山市と街の課題をテーマとした中高生向けハッカソン「Hack 4 Good Teens」
・スクウェア・エニックスとゲーム開発キャンプ「SQUARE ENIX GAME CAMP」
・キッザニアとアントレプレナーシップ教育「Be Startup」をスタート!
・スポンサー企業と新しい採用の仕組み「ITドラフト会議」
・D2Cと中高生向けアプリコンテスト「アプリ甲子園」
・吉本クリエイティブ・エージェンシーと「YOSHIMOTO TECHDAY」
・リクルート(受験サプリ)と 情報科の先生のための授業支援プログラム「Tech for Teachers」

これからも子ども達の人生を変える新しい挑戦を続けていきます。


3.1億円の資金調達

Serviceサービス一覧

Life is Tech ! のサービスについて

Message代表挨拶

子どもひとりひとりが持つ可能性を、
最大限伸ばせる社会をつくりたい。

そうした思いを胸に、”Life is Tech !”を立ち上げました。
現代を生きる中学・高校生にとって、デジタル技術は生まれた時から親しんできたもの。彼らは感じることの天才です。新しいツールや技術への理解も早く、ちょっとしたきっかけさえあれば、私たち大人の想像をはるかに超えた成長をみせてくれます。 しかし今の日本には、彼らの創造性や技術を伸ばす環境も教育システムもありません。 世界の未来を切り拓いていく可能性を持った若い才能を、このまま埋もれさせてしまうのはあまりにももったいない。 プログラミングやデザインなどのデジタル技術の基礎を学び、つくることを楽しみながら、個性を引き出し、創造性を育てていく。 近い感性を持つ仲間とつながり、承認し合い、ともに成長する。「Life is Tech !」の経験が、彼らの将来にとって、そして世界の未来にとって有益なものになるよう、祈っております。

水野雄介プロフィール
1982年、北海道生まれ。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒、同大学院修了。大学院在学中に、開成高等学校の物理非常勤講師を2年間務める。その後、株式会社ワイキューブを経て、2010年、 ライフイズテック株式会社を設立。14年に、同社がコンピューターサイエンスやICT教育の普及に貢献している組織に与えられる “Google RISE Awards ” に東アジアで初の授賞となるなど世界的な注目を浴びている。「日本のIT界にイチロー並みの人材を送り出す!」を目標に世界を駆け回る日々を送っている。

Teamピックアップ

“Life is Tech !”を生み出す スペシャリストが集まるチーム

ライフイズテックの強みの一つに、「チーム」があります。 様々なバックグラウンド、スペシャリティを持ったメンバーが、 「子ども達」「教育」という旗のもとにここに集まって、 日々、新たな教育にチャレンジしています。

Company会社概要アクセスへ

会社名
ライフイズテック株式会社
英語表記
Life is Tech, Inc.
電話番号
03-6869-7557(代表)
FAX番号
03-5439-9423
お問い合わせ先
info@life-is-tech.com
所在地
東京オフィス
〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3 南麻布ビル1F
大阪オフィス
〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地2-6-11 A&Sビル2F
設立
2010年7月6日(平成22年)
資本金
5億1,848万円 [資金調達について]
役員
代表取締役CEO 水野 雄介
取締役副社長COO 小森 勇太
取締役CTO 橋本 善久
取締役 讃井 康智
執行役員 松井 晋平
社外取締役 孫 泰蔵
財務顧問 堀内 勉
役員・社員数
33名
事業内容
  • プログラミング・IT教育キャンプ/スクール「Life is Tech !(ライフイズテック)」の企画・運営
  • オンラインプログラミング教育サービス「MOZER」の開発・運営
  • 女性向けプログラム「CodeGirls(コードガールズ)」の企画・運営
  • 教員向けサービス「Tech for Teachers(テックフォーティーチャーズ)」の企画・運営
  • アントレプレナーシップ教育プログラム「Be Startup(ビースタートアップ)」の企画・運営
  • ワークショップ・イベントの企画・運営事業
  • 人材紹介業(有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-307274 )
  • 旅行業(東京都知事登録旅行業 第2-6902号)
取引銀行
三井住友銀行 赤坂支店/三菱東京UFJ銀行 渋谷支店
主要取引先
一般個人、KDDI株式会社、株式会社サイバーエージェント、アドビシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社、グーグル株式会社、デジタルハリウッド株式会社、株式会社ドワンゴ、クックパッド株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、ヤフー株式会社、株式会社D2C、吉本興業株式会社、株式会社リクルートホールディングス、KCJ GROUP株式会社、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ミクシィ、ドワンゴ株式会社、株式会社コロプラ、ユニティ・テクノロジーズ・ ジャパン合同会社、株式会社講談社、ソニー株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、Twitter Japan株式会社 ほか(順不同)
書籍画像